トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|作物



 ※2014年11月分から /2013年4月まで 遺伝子組み換え関連情報(旧)





■作物

2015-03-23

 米国FDA アクリルアミド低減GMジャガイモを承認

 米国食品医薬品局は20日、シンプロット社のアクリルアミド低減遺伝子組み換えジャガイモ6品種について食品として承認した。これらはすでに栽培規制が撤廃されており、栽培・販売が法的に可能となる。

 シンプロット社は、2014年に試験栽培した400エーカー分のこのGMジャガイモの在庫を持っているという。北米の平均反収約40トン(ヘクタール当たり)とすれば6400トンの在庫を所有していることになる。

 20日承認されたシンプロットのアクリルアミド低減GMジャガイモについて、米国マクドナルドは使用しないことを明言している。このGMジャガイモは日本でも昨年から食品安全委員会が審査中である。

【関連記事】米国:ポテトチップ用GMジャガイモ 商業栽培承認