トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|飼料



 ※試行中です





■飼料

2014-12-03

 ノルウェー:養殖用抗生物質耐性マーカーGM飼料を禁止

 ノルウェー当局はこのほど、サケなどの養殖用飼料に抗生物質耐性マーカー遺伝子を含む遺伝子組み換え飼料の承認を停止。抗生物質耐性菌への懸念からの決定。EUでは毎年2万5千人が耐性菌による感染症で死亡している。

 ノルウェーでは2008年以来、19品種の遺伝子組み換え飼料が承認されていたが、今回の決定で8品種が該当。決定の背景には、消費者のGM食品への抵抗感があるとみている。

 東京税関資料によれば、2012年にノルウェーから輸入したサケ・マスは、生鮮冷蔵で約3万2千トン、冷凍で9500トン。金額にして各々、214億円、75億円となっている。ノルウェー産の養殖品の比率は明らかではない。ただし、チリ産は全量が養殖品である。