トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|果物



 ※2014年11月分から /2013年4月まで 遺伝子組み換え関連情報(旧)





■果物

2015-03-23

 非褐変GMリンゴ 米加同時に承認

 米国食品医薬品局は3月20日、オカナガン社の非褐変遺伝子組み換えリンゴ2品種について食品として承認した。米国農務省が2月23日に栽培規制を撤廃しており、栽培・販売が法的に可能となる。

 カナダ保健省も3月20日、FDAと同時にオカナガンの非褐変GMリンゴ2品種について食品として承認した。カナダでは交雑を懸念するリンゴ生産者が反対していた。

 この米加同時承認にオカナガンは承認歓迎の声明を発表し、2016年に小規模出荷が可能となるとしている。

【関連記事】米国農務省 非褐変GMリンゴの栽培規制を撤廃