トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|昆虫



 ※2014年11月分から /2013年4月まで 遺伝子組み換え関連情報(旧)





■昆虫

2015-04-10

 生物資源研究所 15年度のGMカイコ飼育計画を公表

 農業生物資源研究所は4月9日、今年度、つくば市内の同研究所で行う緑色蛍光タンパク質含有絹糸生産遺伝子組み換えカイコの試験飼育について、計画書を公表し、4月24日に説明会を開くと発表した。説明会は参加可能だが事前申込が必要。

 公表された飼育実験計画書によれば、このGMカイコの飼育は、5月から10月にかけて3回行い、各回約1万頭を飼育。養蚕農家に近い環境と方法で飼育した場合の繭の品質の安定性の調査とともに、生育特性や行動特性を評価し、生物多様性影響評価等のデータを収集するためとしている。

カイコの名称
緑色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコ(HC-EGFP、Bombyx mori)(HC-EGFPぐんま×HC-EGFP 200)