トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|生物多様性



 ※試行中です





■食品

2014-11-25

 カルタヘナ法でGM作物3種類に意見募集

 農水省と環境省は25日、3種類の遺伝子組み換え作物(スタック)について、カルタヘナ法による栽培などの承認について意見募集を始めた。9月の生物多様性総合検討会で問題なしとされたもの。締切り12月24日。[1]

 今回、意見募集される遺伝子組み換え作物は次の3品種。

バイエル申請の遺伝子組み換えナタネ3品種のを掛け合わせた除草剤グリホサート(ラウンドアップ)とグルホシネート耐性の雄性不稔・稔性回復性GMセイヨウナタネ。[2]

モンサント申請の遺伝子組み換えナタネ2品種のを掛け合わせた除草剤グリホサート(ラウンドアップ)とグルホシネート耐性の稔性回復性GMセイヨウナタネ。[3]

デュポン申請の害虫抵抗性Btで2種類の除草剤グリホサート(ラウンドアップ)とグルホシネート耐性遺伝子組み換えワタ。[4]