トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|生物多様性



 ※2014年11月分から /2013年4月まで 遺伝子組み換え関連情報(旧)





■生物多様性

2015-03-

 農水省 GMナタネなど3品種を承認

 農水省は3月17日、カルタヘナ法によりバイエルとモンサントの遺伝子組み換えナタネ2品種と、デュポンのGMトウモロコシ1品種に関し、栽培などについて承認した。

 今回承認されたGM作物は以下の通り。

バイエルクロップサイエンス
除草剤グリホサート及びグルホシネート耐性並びに雄性不稔及び稔性回復性セイヨウナタネ(MON88302×MS8×RF3,OECD UI: MON-88302-9×ACS-BN005-8×ACS-BN003-6)

モンサント
除草剤グリホサート及びグルホシネート耐性並びに稔性回復性セイヨウナタネ(MON88302×RF3)

デュポン
害虫抵抗性かつ除草剤グルホシネートとグリホサート耐性トウモロコシ(4114 × MON810×MIR604×NK603, OECD UI : DP-004114-3 ×MON-00810-6×SYN-IR604-5 × MON-00603-6)