トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|添加物



 ※2014年11月分から /2013年4月まで 遺伝子組み換え関連情報(旧)





■添加物

2015-03-

 食品安全委員会 GM微生物利用の添加物は「安全」と評価

 食品安全委員会は3月3日、モンサントの遺伝子組み換えダイズを安全として厚労省への通知を決めたほか、モンサントの低リグニンGMアルファルファとGM微生物利用のパン用添加物に対する4日からの意見募集を決めた。

 4日より意見募集を始めるGM微生物利用のパン用添加物は、ノボザイムズ(デンマーク)のα−アミラーゼ。デンプン糖製造にも用いられ、新たに安全性を損なうおそれのある要因は認められなかったとしている。

 食品安全委員会はまた、ノボザイムズのGM微生物利用の6-α-グルカノトランスフェラーゼについて健康影響評価を行うことを決めた。2月25日に厚労省が評価を依頼していた。