トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|全般



 ※試行中です





■全般

2014-12-02

 阪大など 遺伝子組み換えで光るコケを開発

 大阪大学と京都大学の研究グループが、遺伝子組み換えで光るコケを開発。 ゼニゴケの遺伝子を組み換え、基質を分解する酵素と蛍光たんぱく質を作るようにしたという。明るさは、満月や光るキノコと同じくらいで、街路灯の代わりとして街路樹に応用し節電に役立つという。5年後の実用化を目指すとしている。日経が報じたが、阪大、京大ともにサイトには関連情報はない。何をやろうとしているのか、いま一つ分かり難い。