トップに戻る

有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|全般



 ※試行中です





■全般

2015-01-08

 北海道道民意識調査:GM作物・食品に8割が「不安」

 北海道は7日の道議会食と観光対策特別委員会で2014年度の遺伝子組み換え作物などに関する道民意識調査結果を報告。GM作物やGM食品に対して「不安」に思う人が約8割を占めた。


 遺伝子組み換え作物・加工食品を購入するかの設問には、50.9%が「購入しない」、32.4%が「代替品がなければ購入する」として、約8割の人がGM作物・食品への抵抗感を示している。


 この道民意識調査は昨年11月に公表されている。

 北海道は全国に先駆けて2006年に罰則付きの「北海道遺伝子組換え作物の栽培等による交雑等の防止に関する条例」を施行している 。以後、08年と11年に同様の遺伝子組み換え作物・食品に関する意識調査を実施している。