有機農業ニュースクリップ 遺伝子組み換え関連情報|全般



 ※2014年11月分から /2013年4月まで 遺伝子組み換え関連情報(旧)





■全般

2015-06-08

 GMOフリーへ進むハンガリー

 加盟国に遺伝子組み換え作物栽培の裁量を委ねるEUの新指令に関し、ハンガリーがGMOフリーを宣言する最初の加盟国となりそうだ、と農業省の担当者が、GMOフリー・ヨーロッパの会議のあとで語った、とハンガリー・ツデーが伝えた。

 ハンガリー農業省は、年内に新たなGMOフリー表示制度を導入する方針で準備を進めている。GMO成分を含まず、GMO飼料を与えられていないこが認証される肉、卵、魚、蜂蜜が対象としている。

 ハンガリー政府はヘクタール当たり約200ユーロの補助金を支給し、非遺伝子組み換え大豆栽培を促進している。すでに4万ヘクタールで栽培され、来年は3倍に増加を見込まれているという。

 ハンガリーでは、非遺伝子組み換えとして輸入された100ヘクタール分のトウモロコシの種子がGMを含んでいたことが分かり没収された。これを受けて、全てのトウモロコシ種子を検査することになった、という。