最終更新日:2007年1月4日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年 15年 16年 17年
 18年

2007年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年1月

2007.01.04 No.401
■進む温暖化 今年の平気気温は史上最高 英国気象庁見込み

 1月3日のロイターによれば、2007年の平均気温は観測史上最高になると英国気象庁は発表した。2007年は、1961〜90年の平均気温である14.0度を0.54度上回る見通し。

 ・ロイター, 2007-1-4

 記録的な旱魃に直面しているオーストラリアでは、同国気象局が1月3日、 オーストラリアは世界の他の地域より速いスピードで地球温暖化の影響を 受けている、と年次報告書で発表した。この発表によれば、国土の半分が 水不足に苦しむ一方、もう半分の地域では全土の年間降水量に匹敵する降 雨があったとしている。この原因は、「これらが地球温暖化加速による影 響だということは、ほとんどの専門家の一致した見解」だと気象局の担当 者は語ったという。

 ・Reuters, 2007-1-3

 1月4日の朝日新聞は、北極周辺の北大西洋などの海水中の塩分が、20世 紀後半の50年足らずの間に約0.2%減っている、という米海洋大気局(NOAA) の研究を報じている。北大西洋海域では、地球規模の海水循環(熱塩循環) で沈み込みが起きていて、「塩分濃度低下は、循環の乱れを引き起こして 気候に影響を及ぼす恐れもある」と専門家はみているという。この沈み込 みは、温かい表層水の北向きの流れ(メキシコ湾流)を作り出し、欧州を 温暖にしている。専門家は、「計算機による数値実験では、0.5グラム分 の濃度低下で熱塩循環が半減する。0.1グラムでも、影響が出ている可能 性はある」と指摘しているという。塩分濃度低下の原因としては、地球温 暖化により、極に近い地域の降雨量が増えたり、グリーンランドなど陸上 の氷が解けたりしているからだとしている。

 ・朝日新聞, 2007-1-4
  極北の海水「甘く」なった 温暖化影響?