最終更新日:2007年1月10日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年1月

2007.01.10 No.403
■2006年はGMによくない年 地球の友年次報告

 Freind of The Earthは1月8日、「誰がGM作物から利益を得ているのか」と題する遺伝子組み換え作物に関する年次報告を発表した。この中で、遺伝子組み換え作物を70%以上大規模に栽培している国は、まだ米国とアルゼンチンの2カ国にとどまっているとしている。

 「遺伝子組み換え作物は飢餓を救う」という宣伝があるが、ナイジェリアのFriends of the Earth Africaの Nnimmo Basseyは、「今日のGM作物は、世界のどこでも飢餓を救うことなく、豊かな国の消費される肉を作るための飼料として使われている」と語った。またレポート、現在商業化されているGM作物は、農薬使用を増加させ、環境には有益でもなく、長期的には使えないものになるだろう、としている。そして2006年を振り返り、GM作物に悪い年であったと総括している。

  • 米国農務省も、GM作物の生産量が従来品種に比べ必ずしもよいとはいえない、と初めて認めた。
  • 米国の違法な遺伝子組換え米による汚染があった
  • この10年、GM綿を栽培した国での生産量は低下した。2006年にはメキシコと南アフリカで深刻な低下が予想されている。
  • 2006年12月現在、71種類のGM作物が開発されたにもかかわらず、その商業利用は除草剤耐性と害虫抵抗性という2つの特徴による4つの作目(トウモロコシ、ワタ、大豆、カノーラ)だけである。
 ・Friend of the Earth, 2007-1-8
  要約
 ・IPS, 2007-1-9