最終更新日:2007年1月17日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年1月

2007.01.17 No.406
■米国産牛肉 全箱検査は見直しか

 共同通信によれば、1月15日に東京都内で開催されたBSE対策などに関する消費者や事業者との意見交換会で、米国産牛肉について「(輸入状況などの)検証結果を踏まえ、必要なものと必要でないものを整理する」とし、輸入時の全箱検査態勢などの見直しを示唆したという。

 ・共同通信, 2007-1-15

 この意見交換会で示された資料は下記に掲載されている。米国産牛肉の全箱検査や米国の加工施設については「米国産牛肉への対応状況について」で、その一端が示されている。これによれば、現在実施されている全箱検査は、まず業者が全箱をあけて検査した後、検疫所が約10%を抜き取りで検査しているという。また、7月の輸入再開以来、1月8日までに26施設から約7400トンの米国産牛肉が輸入されているとしている。

 ・厚労省, 2007-1-15