最終更新日:2007年1月19日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年1月

2007.01.19 No.408
■GM作物栽培面積の増加を自画自賛 推進団体報告

 国際的なバイオテクノロジー推進グループISAAA(International Service for the Acquisition of Agri-Biotech Applications)は1月18日、世界の遺伝子組み換え作物栽培に関する年次報告を公表した。

 この中で、2006年には世界で1億200万ヘクタールの農地でGM作物が栽培され、1千万人以上の農民が従事したと分析している。栽培面積は、米国で480万ヘクタール、ブラジルで22%増の1150万ヘクタール、インドでは約3倍の380万ヘクタールに増加したとしている。そして、次の10年間に遺伝子組み換え作物の栽培は加速度的に増加し、2015年には40カ国、2億ヘクタール、2千万人規模になると予測している。

栽培面積
[百万ha]
栽培品目
米国 54.6 Soybean, maize, cotton, canola, squash,papaya, alfalfa
アルゼンチン 18.0 Soybean, maize, cotton
ブラジル 11.5 Soybean, cotton
カナダ 6.1 Canola, maize, soybean
インド 3.8 Cotton
中国 3.5 Cotton
パラグアイ 2.0 Soybean
南アフリカ 1.4 Maize, soybean, cotton
ウルグアイ 0.4 Soybean, maize
フィリピン 0.2 Maize
オーストラリア 0.2 Cotton
ルーマニア 0.1 Soybean
メキシコ 0.1 Cotton, soybean
スペイン 0.1 Maize
 ・ISAAA, 2007-1-18

 この発表の数時間前、グリーンピースは遺伝子組み換え作物の10年は「反対が引き続く10年」であるとするプレスリリースを発表した。この中で、IASSSは栽培面積の増加はバイオテクノロジーの勝利だと主張するかもしれないが、違法なGM米汚染やインドにおける農民のGM反対運動の高まりは、そうしたバラ色の分析とは裏腹な現実であると反論している。

 ・Greenpeace, 2007-1-18

 Friend of the Earthも1月8日に2006年度の年次報告を発表し、GM作物は農薬使用を増加させ、環境には有益でもなく、長期的には使えないものになるだろうと分析している。

 ・Friend of the Earth, 2007-1-8

 今回のIASSSの報告書(要約)は、米国のワタ農家で問題となっているスーパー雑草の増加も、世界的に問題となっているGM米汚染も触れることなく、バラ色の分析を振りまいているだけである。