最終更新日:2007年1月26日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年 15年 16年 17年
 18年

2007年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年1月

2007.01.26 No.412
■まだ使っている米国産のウシ由来原料使用の医薬品

 厚労省は1月26日、米国産のウシ由来の原料を使っている医薬品のリストを公表した。これによれば、依然として21品目の医薬品が米国産のウシ由来原料を使用している。うち7品目は、3月以降米国産以外の原料に移行するとしている。2003年5月に出された生物由来原料基準(平成15年厚生労働省告示第210号)により、米国産などのBSE発生国のウシなどに由来する原材料を医薬品等に使用することは原則認められていないが、治療上の効果が当該原材料を使用することによるリスクを上回る場合などは、その使用が認められている。米国産以外の原料へ移行を求められている医薬品10品目は、依然として米国産原料を使用している。

 ・厚労省, 2007-1-26