最終更新日:2007年2月6日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2007.02.28 No.435
2007.02.26 No.434
2007.02.25 No.433
2007.02.23 No.432
2007.02.22 No.431
2007.02.21 No.430
2007.02.20 No.429
2007.02.17 No.428
2007.02.16 No.427
2007.02.15 No.426
2007.02.11 No.425
2007.02.08 No.424
2007.02.07 No.422
2007.02.06 No.421
2007.02.05 No.420
2007.02.04 No.419
2007.02.02 No.417
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年2月

2007.02.06 No.421
■各国別にリスク評価を始めたプリオン専門調査会

 食品安全委員会プリオン専門調査会は、昨年12月の第40回の会合から各国別の輸入牛肉についてのGBR(地理的リスク)評価を始めた。昨年6月では、消極的な姿勢が報じられていたが、今回の評価開始が本格的なものかはまだわからない。

 第40回会合でGBR評価に関して4つの資料が提出され、公表されている。このうち「各国のGBR評価一覧表」によれば、米国、カナダ、メキシコはレベル3(感染牛の存在する可能性が大きいが確認されていない、もしくは低いレベルで感染牛が確認される)にランクされている。オーストラリアはレベル1(感染牛の存在の可能性はほとんどない)とされている。また、「論点メモ」を見る限り、何を目指して評価を行おうとしているのかは、よくわからない。

 ・第40回食品安全委員会プリオン専門調査会, 2006-12-13

 同専門調査会は第42回会合を2月14日に開催し、リスク評価の続きを行う予定。傍聴は可能。

 2月1日に開催された第41回会合では「EUのBSEに係るリスク管理措置等について」と題して、欧州委員会(EC)Koen Van Dyck(クン・ファン・ダイク)TSE部門長の講演があった。このときのスライドが資料として公開されている。