最終更新日:2007年2月8日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2007.02.28 No.435
2007.02.26 No.434
2007.02.25 No.433
2007.02.23 No.432
2007.02.22 No.431
2007.02.21 No.430
2007.02.20 No.429
2007.02.17 No.428
2007.02.16 No.427
2007.02.15 No.426
2007.02.11 No.425
2007.02.08 No.424
2007.02.07 No.422
2007.02.06 No.421
2007.02.05 No.420
2007.02.04 No.419
2007.02.02 No.417
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年2月

2007.02.08 No.424
■カナダ 9頭目のBSEを確認 今年初めて

 カナダ食品検査局(CFIA)は2月7日、カナダで今年最初となる10頭目のBSE感染牛を確認したと発表した。感染牛の年齢は明らかにされていないが、おそらく生まれて1年以内に非常に少ない伝染力のある物質に暴露されたと、同局はみている。同局はまた、2003年以来、高リスク牛の集団をターゲットにし15万頭の検査してきた。このサーベランスの結果は、カナダの低い感染率を示しているとしている。

 ・Canadian Food Inspection Agency(CFIA), 2007-2-7

 カナダの飼料規制は不完全であり、ブタやニワトリのエサとして牛由来の肉骨粉の使用が認められている。2007年7月12日から、日本やEU並みの完全禁止される予定である。カナダ食品検査局は声明の中で、この飼料規制強化実施の後10年間、限定された数の検査が続くと予想している。

 米国はこうした状況のカナダからの牛の輸入に関し、30ヶ月例以上を含めて輸入規制の緩和をこの1月4日に表明した。3月12日まで意見募集の後、正式決定されることになる。

 カナダ産のBSE感染牛は、カナダ国内で発見された9頭以外にも1頭が、2003年12月、米国ワシントン州で発見されている。