最終更新日:2007年2月11日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2007.02.28 No.435
2007.02.26 No.434
2007.02.25 No.433
2007.02.23 No.432
2007.02.22 No.431
2007.02.21 No.430
2007.02.20 No.429
2007.02.17 No.428
2007.02.16 No.427
2007.02.15 No.426
2007.02.11 No.425
2007.02.08 No.424
2007.02.07 No.422
2007.02.06 No.421
2007.02.05 No.420
2007.02.04 No.419
2007.02.02 No.417
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年2月

2007.02.11 No.425
■運用開始が近づく極北のジーンバンク GMも除外せず

 2月9日のロイターによれば、北極圏のノルウェー領スヴァールバル諸島スピッツベルゲン島に建設中のジーンバンク、現在版「ノアの箱舟」が完成間近となり、1年以内に種子の保存が始まるという。

 この「ノアの箱舟」は、"Seed Vault"と呼ばれ、山腹に掘られた120mのトンネルの奥に2つの保存庫が設けられ、マイナス18度で保存されるという。たとえ極地の氷がすべて溶け海面上昇があったとしても、このジーンバンクは影響を受けないように設計された。公式には2008年始めにオープンするが、2年以内に世界の150万種の種子が保存される計画となっている。原則としてハイブリッドの種子は除外されるが、「ふるい分けが難しいという単純な」理由で遺伝子組み換え品種は除外されないという。

 建設はノルウェー政府が負担し、運用はFAO(国連食糧農業機構)のGlobal Crop Diversity Trustが受け持つ。担当者は、このジーンバンクが「世界有数の“冷蔵庫”で、種子は何十年も安全である。これはバックアップではあるが、それが決して使われないことを望む。」 と語ったという。

 ・Reuters, 2007-2-9
  側面図

 このジーンバンクの「遺伝子組み換え品種を除外しない」という理由が理解できない。