最終更新日:2007年2月15日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2007.02.28 No.435
2007.02.26 No.434
2007.02.25 No.433
2007.02.23 No.432
2007.02.22 No.431
2007.02.21 No.430
2007.02.20 No.429
2007.02.17 No.428
2007.02.16 No.427
2007.02.15 No.426
2007.02.11 No.425
2007.02.08 No.424
2007.02.07 No.422
2007.02.06 No.421
2007.02.05 No.420
2007.02.04 No.419
2007.02.02 No.417
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年2月

2007.02.15 No.426
■中国産GM米汚染 今度は福島の大福

 2月15日の毎日新聞などによれば、福島県は15日、同県伊達市の不二屋食品が製造した大福の原料のもち米粉に中国産GM米が混入していたとして製品の自主回収を始めたという。この大福は、同社が昨年12月16日から1月31日にかけて生産し、全国33都道府県に出荷していたもの。1日に約1万個を生産していたという。最後に生産した製品の消費期限が2月5日であり、同県は「ほとんどが消費された」と見ているという。

 ・時事通信, 2007-2-15  ・読売新聞, 2007-2-15

 問題となったもち米粉について、昨年9月の神戸の輸入業者の自主検査では異常がなかったとしている。共同通信によれば、輸入業者の検査により、14日にGM米による汚染が判明したという。

 ・共同通信, 2007-2-15

 問題の「不二屋食品」は、ペコちゃんの「不二家」とは別の会社。この件に関しては、同社、福島県ともにサイトでの発表はまだない。