最終更新日:2007年2月21日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2007.02.28 No.435
2007.02.26 No.434
2007.02.25 No.433
2007.02.23 No.432
2007.02.22 No.431
2007.02.21 No.430
2007.02.20 No.429
2007.02.17 No.428
2007.02.16 No.427
2007.02.15 No.426
2007.02.11 No.425
2007.02.08 No.424
2007.02.07 No.422
2007.02.06 No.421
2007.02.05 No.420
2007.02.04 No.419
2007.02.02 No.417
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年2月

2007.02.21 No.430
■日本のGM食品表示改正を求める署名運動開始へ

 遺伝子組み換え食品いらないキャンペーンやグリーンピース・ジャパンなどは、この3月より日本の遺伝子組み換え食品表示の改正を求める署名運動をはじめる。現在、賛同団体を募集している。

 日本の遺伝子組み換え食品表示は、5%までの混入を容認し、食用油や醤油などでは検出できないという理由で表示する必要がないなど、不十分な内容になっている。したがって、「遺伝子組み換え大豆不使用」の豆腐から遺伝子組み換え大豆の混入が見つかるのも、こうした不十分な表示規制に原因があるともいえる。

 世界的に見ても、意図せざる混入の基準が、EUなどでは0.9%から1%であるのに対して、日本の5%という設定は大きいものとなっている。

規制値
0.9% EU、スイス、イスラエル
1% オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、中国、サウジアラビア
3% 韓国
5% 日本、タイ、台湾、インドネシア、カナダ
 ・African Journal of Biotechnology,2006-1-16

 今回の署名運動は、こうした現状に対して、次の3点を改善するように求めるという。

  • 全食品を遺伝子組み換え表示対象とすること(油やしょう油なども)
  • 意図せざる混入の許容率を引き下げること
  • 動物用の飼料も表示すること(ペットのえさも含む)