最終更新日:2007年2月23日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2007.02.28 No.435
2007.02.26 No.434
2007.02.25 No.433
2007.02.23 No.432
2007.02.22 No.431
2007.02.21 No.430
2007.02.20 No.429
2007.02.17 No.428
2007.02.16 No.427
2007.02.15 No.426
2007.02.11 No.425
2007.02.08 No.424
2007.02.07 No.422
2007.02.06 No.421
2007.02.05 No.420
2007.02.04 No.419
2007.02.02 No.417
2007.01.31 No.416
2007.01.30 No.415
2007.01.29 No.414
2007.01.27 No.413
2007.01.26 No.412
2007.01.25 No.411
2007.01.24 No.410
2007.01.22 No.409
2007.01.19 No.408
2007.01.18 No.407
2007.01.17 No.406
2007.01.15 No.405
2007.01.12 No.404
2007.01.10 No.403
2007.01.05 No.402
2007.01.04 No.401
2007.01.03 No.400
2007.01.01 No.399
2007年2月

2007.02.23 No.432
■遺伝子組み換え作物3品種承認へ意見募集

 農水省と環境省は2月23日、日本モンサント申請による遺伝子組み換えの高リシントウモロコシ(LY038)など3品種の第1種使用規定に関する意見募集を始めた。締め切りは3月26日。

 今回意見募集される遺伝子組み換え作物の使用条件は、いずれも「食用又は飼料用に供するための使用、栽培、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為」と、無条件となっている。同時に公開された「学識経験者意見」では、環境に与える影響は少なく、問題は無いとしている。

●意見募集される遺伝子組み換え作物
 (1)高リシン(lysine)トウモロコシ
(LY038, OECD UI : REN-OOO38-3 )
申請者:日本モンサント株式会社
 (2)チョウ目害虫抵抗性及び除草剤グルホシネート耐性トウモロコシ
(Event176, OECD UI: SYN-EV176-9)
申請者:シンジェンタ シード株式会社
 (3)除草剤グルホシネート耐性セイヨウナタネ
(Topas19/2, OECD UI :ACS-BNOO7-1)
申請者:バイエルクロップサイエンス株式会社

 ・環境省, 2007-2-23