最終更新日:2007年4月3日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2007.04.30 No.447
2007.04.26 No.446
2007.04.24 No.445
2007.04.06 No.444
2007.04.04 No.443
2007.04.03 No.442
2007.03.28 No.441
2007.03.27 No.440
2007.03.22 No.439
2007.03.13 No.438
2007.03.10 No.437
2007.03.09 No.436
2007年4月

2007.04.03 No.442
■花粉症緩和GM米、特保を断念! 医薬品として開発へ

 読売新聞は3月31日、農業生物資源研究所が開発中の花粉症緩和GM米を医薬品として開発することに決定したと報じた。これによると、厚労省は今年1月、花粉症緩和GM米に関して、治療効果が目的であり医薬品として扱うべきという最終判断を決定したという。

 これを受けて農業生物資源研究所は、2006年度のヒト試験費用約5,000万円を国庫に返納することにしたという。農水省は2007年度、医薬品開発のためのデータ収集などの準備を始めるという。これにより、医薬品より特段に簡単な審査の特定保健食品としての実用化は封じられたことになる。

 ・読売新聞, 2007-3-31

 日本製紙はこの1月から、この花粉症緩和GM米の生産のため、同社小松島工場(徳島県小松島市)に閉鎖型温室(500平方メートル)を建設し、試験栽培することで、年間700Kgを確保すると発表している。

 ・日本製紙, 2006-9-6