最終更新日:2007年5月10日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007.04.30 No.447
2007.04.26 No.446
2007.04.24 No.445
2007.04.06 No.444
2007.04.04 No.443
2007.04.03 No.442
2007年5月

2007.05.10 No.455
■無農薬でも収量減らず 有機向きのジャガイモ「さやあかね」

 北見農業試験場の開発したジャガイモの新品種「さやあかね」は、無農薬で栽培しても収量減も少なく、味も「男爵」以上でコロッケ向きだという。「さやあかね」は1995年から、疫病抵抗性のあるインドの「I-853」を母、疫病圃場抵抗性でジャガイモシストセンチュウ抵抗性のある「花標津(はなしべつ)」を父として人工交配し、選抜された。疫病抵抗性が強いため、無農薬栽培が可能となったが、慣行栽培と比較して、無農薬栽培での収量低下は少ない。十勝農試での試験では、無農薬無肥料栽培での収量が「男爵」が46%(慣行比)に対して「さやあかね」は87%と有機農業向きのジャガイモのようである。多肥の場合、褐色心腐の発生することがあるとしている。中生で休眠が短いようだ。

 外観は赤みを帯び、男爵に比べ目は浅い。2006年8月に品種登録出願がなされている。本格的な栽培は3年後からという。

 ・作物研究所 平成17年度成果情報  ・北海道新聞, 2007-5-9