最終更新日:2007年5月10日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007.04.30 No.447
2007.04.26 No.446
2007.04.24 No.445
2007.04.06 No.444
2007.04.04 No.443
2007.04.03 No.442
2007年5月

2007.05.10 No.455
■ロシア:GM大豆は健康に悪影響を与える新たな研究

 REGNUM News Agency(ロシア)は4月16日、ラットを使ったGM大豆の健康への悪影響を示す新たな研究を報じた。これは Vavilov農業大学(サラトフ州)で実施された研究で、実験を行った生物工学研究者のマリア・コノヴァローヴァ氏は、GM大豆を与えたラットは 内部器官(肝臓、腎臓、睾丸)などに深刻な損傷を引き起こし、加えて、妊娠する胎児の数、子どもの死亡率の差、攻撃性と母性喪失の増加に影響する、と記者会見で語った。

 この研究に全国遺伝安全性協会理事長のAlexander Baranov氏は、「生物に対して無害であることに疑いが生ずる」と語った。また、同氏は、ロシアの公衆衛生当局に対して、GMOの人に対する影響が、完全に検討されるまでの間、すでに認可されたGMOの使用禁止と、新たなGMOの認可の停止の必要性を強く強調する公開状を送ったとしている。「今も恐ろしい状況は続いている。われわれは、誰も安全だと保障しない食品を子どもたちに与えている。われわれは誰の責任かを追及するものではない。公開状でわれわれは、早急な問題解決への確実な方法を示した」と、Baranov理事長は語った。

 ・REGNUM News Agency, 2007-4-16

 REGNUMは2005年10月、ロシアのイリーナ・エルマコヴァ博士による、ラットに対するGM大豆の健康影響についての研究を報じている。博士は、自身の研究について予備的なものであり、きちんとした研究が必要であることを強調している。今回の研究は、詳細が明らかになっていないが、エルマコヴァ博士の結果を補完するもののようである。

 ・REGNUM News Agency, 2005-10-12

 エルマコヴァ博士は2006年7月に来日し、博士の研究に関する講演を全国で行った。遺伝子組み換えいらない!キャンペーンは、この講演会の会場から出された疑問や質問に対する見解をまとめ、同キャンペーンのサイトで公開している。

 ・遺伝子組み換えいらないキャンペーン