最終更新日:2007年5月23日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007.04.30 No.447
2007.04.26 No.446
2007.04.24 No.445
2007.04.06 No.444
2007.04.04 No.443
2007.04.03 No.442
2007年5月

2007.05.23 No.464
■韓国:牛肉に厳格な原産地表示を求める法案
 日本ではずっと棚上げ

 韓国・聨合通信は5月17日、韓国国会に提案されている厳格な原産国表示義務を課す法案を報じている。法案は、コメと牛肉を使用するあらゆるレストランと学校給食における原産国表示と、学校給食での遺伝子組み換え食品の使用禁止などを求めている。

 提案者の一人カン議員は、「BSEの危険のある牛肉輸入が禁止できないなら、少なくとも、知る権利を消費者に保証しなければならない」という。韓国では現在、300平方メートル以上のレストランでのみ、原産国表示が要求されるに過ぎない。これは、わずか7.2%に過ぎないという。学校給食ではこうした表示義務は無い。

 ・聨合ニュース, 2007-5-17

 日本でも2005年10月、山田正彦議員(民主党)などにより「特定輸入牛肉」に表示義務を課す「輸入牛肉に係る情報の管理及び伝達に関する特別措置法案」が提出されている。しかしこの法案は、実質的に審議されることもなく、継続扱いのまま棚上げされたままである。米国産牛肉の解禁を許すとしても、少なくとも、こうした厳格な原産国表示が不可欠だ。

 ・衆議院