最終更新日:2007年6月5日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年6月

2007.06.05 No.468
■モンサント、ターミネーター技術を手に 米司法省、買収を承認

 米国司法省は5月31日、モンサント社による米国のバイテク種苗会社であるデルタ・パインランド社(Delta and Pine Land)の買収を条件付で承認した。この買収は2006年8月、モンサント社が15億ドルでデルタ・パインランド社を買収することで合意していた。司法省の示した条件は、デルタ・パインランド社の持つワタの従来品種を150日以内に売却するというもの。両社は、このために新会社を設立し、バイエル社に3億ドルで売却するという。この買収によりモンサントは、デルタ・パインランド社の持つターミネーター技術を手に入れることになる。また、売上ベースで世界的なシェアは約23%を占める。

 ・AP, 2007-5-31  ・Monsant, 2007-5-31

 この承認に関して米国・食品安全センター(Center for Food Safety)は、  この買収がモンサントによる寡占化を進行させると批判する声明を出した。  同センターは2007年2月、米国におけるワタの種子市場の分析レポートを  公開している。これによれば、デルタ・パインランド社は流通するワタの  品種の約半分を、モンサントと合わせると約3分の2を占めている。

 ・Center for Food Safety, 2007-5-31