最終更新日:2007年6月8日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年6月

2007.06.08 No.469
■またもや作業ミスが原因 相次ぐ米国産牛肉条件違反

 農水省は6月8日、5月17日に見つかっていた証明書のない米国産の牛内蔵肉(センマイ)についての米国農務省の調査報告書を公開した。この混入は、カーギル社フォートモーガン工場から出荷されたレバー(約18トン、2899箱)に証明書に記載のないセンマイ1箱が混入していたもの。

 米国農務省の報告書によれば、原因はまたしても作業者の作業ミスとしている。すでにセンマイのラベルの貼られた箱の蓋に、日本向けのレバーのラベルを貼り、センマイを入れた箱に使ったという。これを日本向けのレバーとして出荷したというもの。この異なった部位のラベルが2枚貼られた蓋は、一度は工程から取り除かれたとしているが、なぜこの混入が起きたのか、報告書の記述からはそのプロセスはよくわからない。

 カーギル社は改善策として、日本向けの製品について、包装・箱詰めは専用エリアで行い、その梱包は日本向け以外の製品の梱包と外見上見分けがつくようにし、予め箱の蓋にラベルを貼付しておくことは禁止した、としている。

 ・農水省、厚労省, 2007-6-8
 ・米国農務省調査報告書, 2007-6-6
  仮訳   英文

 こうした作業ミスの多発は、報告書の原因の単なる方便として使われて いるのではないとすれば、米国の工程システムそのものに問題があること を示しているといえるだろう。

 日本政府は5月13日から26日まで、米国の対日牛肉加工施設の「査察」を行った。この査察に日本農業新聞は5月27日、「大きな問題はなかった」とし、6月上旬に報告書を公表すると報じているが、この結果はまだ明らかにされていない。これまでの日本政府による査察は、そのほとんどが文書をチェックすることに終わっているようである。いくら文書を「精査」しても、それだけで問題が明らかになることはないし、対日牛肉加工施設の「安全性」を保障するものではない。どのような報告書が公開されるのか興味深い。食の安全・ 監視市民委員会と日本消費者連盟は5月29日、この査察結果の公表と消費者の声を聞くように要求する申し入れ書を政府に送っている。

 ・食の安全・監視市民委員会, 2007-5-29