最終更新日:2007年6月9日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年6月

 2007年の世界的な穀類生産は、前年比6%増の21億2500万トンと予測されるが、バイオ燃料需要の高まりにより、価格は高止まりが予想されている、としている。

 ・FAO(FOOD AND AGRICULTURE ORGANIZATION), 2007-6-7
  Food Outlook Global Market Analysis(報告書全文)

 このFAOの報告書は、バイオ燃料へのシフトによる食料争奪戦がより鮮明になってきたということを示している。米国やブラジルなどに象徴的に見られるように、本来の食料を燃料に転化しようとする結果、より貧しい途上国にしわ寄せが行くということだ。バイオ燃料を実用化するとすれば、効率が低いといえど、非可食部のエタノール化が不可欠である。

 6月1日のIPS(Inter Press Service)は、キューバがバイオエタノール生産のためにサトウキビを使うことを排除したと報じている。キューバの砂糖工業当局は1年前、燃料用エタノール生産増強に大規模なアルコール産業の拡大計画を立てていた。しかし、燃料用エタノールの生産が食料安全保障に及ぼす影響を危惧したカストロの反対により、サトウキビによる燃料用エタノール生産を排除したいう。

 ・IPS(Inter Press Service), 2007-6-1

 この方針は、大規模なバイオエタノール拡大路線を採るブラジルとは対照的ですらある。