最終更新日:2007年6月9日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年6月

2007.06.09 No.470
[農薬]
■有機塩素系農薬は根粒菌の働きをブロック 収量低下を招く

 米国科学アカデミー(National Academy of Sciences)の電子版は6月4日、農薬が土壌中の根粒菌の働きを妨げ、豆類の減収の原因となっているとの研究を報じている。この研究はオレゴン大学などの研究者によるもので、有機塩素系の農薬が土壌中の根粒で生きている根粒菌バクテリアの内部の特定のレセプター(NodD)との結合を妨害しているという。これにより、根粒菌による窒素固定量の低下を招くことで土壌の肥沃度が低下し、長期的には収量低下の原因になるとしている。

 ・PANS, 2007-6-4  ・EurekAlert, 2007-6-6