最終更新日:2007年6月13日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年6月

2007.06.13 No.473
■米国産牛肉輸入緩和へ踏み出す 全ての現場を見たかは不明

 農水省と厚労省は6月13日、5月13日から28日にかけて実施した米国の対日牛肉加工施設への“現地査察”について大きな問題はなかったとする報告書を公表した。報告書では、「現場の作業状況については、施設内へ立ち入り、対日輸出処理、デモンストレーション及びインタビューにより以下の事項について調査した」としているが、今回“査察”の対象となった27施設全てでこの現場立ち入りが行われたかは不明である。記録に関してはわざわざ「対日輸出認定施設27施設について、(中略)記録確認したところ」とあるが、現場調査に関してはこうした記述はない。

 同時に日米共同記者発表を公表し、輸入再開依頼行ってきた全箱検査をやめ抜取検査に移行するとした。これによりこの間問題を起こしていた米国の加工施設は“お目こぼし”で許されることになった。さらに米国としては新たな対日加工施設の登録が可能になる。

 ・農水省,厚労省, 2007-6-13