最終更新日:2007年6月21日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年6月

2007.06.21 No.476
■米タイソン社 全ての鶏肉を抗生物質不使用に転換 やれば出来る!

 米国の食肉加工大手のタイソン社は、同社が出荷する全ての生鮮鶏肉を抗生物質を全く使わないで飼育したものに転換すると発表した。同社の発表では、消費者の91%が生鮮鶏肉について、抗生物質を使わないで飼育することが重要であると考えているとし、消費者主導の転換を強調している。このタイソン社の抗生物質不使用チキンについて6月20日のAPによれば、1ポンド(約450g)につき約1ドルの価格アップとなるという。

 ・Tyson, 2007-6-19  ・AP, 2007-6-20

 要するに、価格が上がるとはいえ、抗生物質を使わない鶏肉の供給ができるということ。日本でも抗生物質不使用に取り組んでいる生産者はある。岩手県を中心に展開している十文字チキンカンパニーは2001年には全てのブロイラーで抗生物質の使用をやめている。この抗生物質を使わない飼育によって生ずる鶏糞は、年間12万トンが発酵鶏糞として肥料に加工されているという。

 食肉商社のニチレイフレッシュでも取り扱う鶏肉の4割を抗生物質を使わないで飼育したブロイラーを「FAチキン」のブランドで販売している。この「FA」は"Free from Antibiotics"の略で、ワクチンは使用するものの、全育成過程を通じて、抗生物質と合成抗菌剤を投与せずに飼育するという。国内では岩手県、香川県、鹿児島県で生産するほかブラジル、中国、タイでも生産し輸入しているという。