最終更新日:2007年7月1日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2007.07.01 No.480
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007.05.31 No.466
2007.05.28 No.465
2007.05.23 No.464
2007.05.22 No.463
2007.05.19 No.461
2007.05.19 No.460
2007.05.18 No.459
2007.05.15 No.458
2007.05.14 No.457
2007.05.12 No.456
2007.05.10 No.455
2007.05.09 No.454
2007.05.08 No.453
2007.05.07 No.452
2007.05.06 No.451
2007.05.05 No.450
2007.05.03 No.449
2007.05.02 No.448
2007年7月

2007.07.01 No.480
■シンジェンタ社、中国とGM共同プロジェクト

 6月25日のAFPによれば、シンジェンタ社と中国科学院傘下のバイオ研究所は、5年間の遺伝子組み換え作物開発の共同プロジェクトを開始したという。この共同プロジェクトは、干ばつ耐性を含むトウモロコシ、大豆、小麦、テンサイ、サトウキビについて遺伝子組み換え品種の開発を行うとしている。このプロジェクトの成果に基づきシンジェンタ社は、開発品種の商業化の権利を持つともしている。

 ・AFP, 2007-6-25

 このプロジェクトの開発対象作物には小麦が含まれている。世界的には2004年、モンサント社の除草剤耐性のGM小麦の商業化が頓挫した。しかし、米国の小麦業界はフザリウム耐性GM小麦の商業化を諦めていないし、オーストラリアでは2007年から干ばつ耐性のGM小麦の試験栽培が始まっている。米とともに主食作物である小麦にも遺伝子組み換えの動きが急になってきている。


カテゴリー