最終更新日:2007年8月14日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2007.08.29 No.489
2007.08.25 No.488
2007.08.24 No.487
2007.08.22 No.486
2007.08.19 No.485
2007.08.16 No.484
2007.08.14 No.483
2007.08.12 No.482
2007.08.06 No.481
2007.07.01 No.480
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007年8月

2007.08.14 No.483
■“未承認GMトウモロコシの混入”を回避
 MIR604承認へ

 食品安全委員会遺伝子組換え食品等専門調査会は8月8日付で、シンジェンタ社の害虫抵抗性遺伝子組み換えトウモロコシMIR604(Agrisure RW)について、飼料として「食品健康影響評価は必要なく、当該飼料を家畜が摂取することに係る畜産物の安全性上の問題はないものと判断」という「遺伝子組み換え食品等評価書」を決定した。翌9日開催された第202回食品安全委員会において、その決定を承認し農水省へ通知することとなった。

 米国では、日欧での承認を待たずしてMIR604(Agrisure RW)の2007度の作付けを始めていた。2005年におきた未承認GMトウモロコシBt10のような混入を恐れたシンジェンタ社は、MIR604(Agrisure RW)を作付する農家に対して輸出向けに出荷しないという誓約書を取っていた。これにより新たな“未承認GMトウモロコシの混入”は避けられることになるだろう。

 2006年度の貿易統計によれば、米国から輸入されたトウモロコシは約1634万トンであり、飼料用が約72%(約1180万トン)を占めている。

 ・食品安全委員会遺伝子組換え食品等専門調査会, 2007-8-8
 ・Reuters, 2007-8-9
 関連記事
 No.478  No.465