最終更新日:2007年8月19日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年 15年 16年 17年
 18年

2007年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2007.08.29 No.489
2007.08.25 No.488
2007.08.24 No.487
2007.08.22 No.486
2007.08.19 No.485
2007.08.16 No.484
2007.08.14 No.483
2007.08.12 No.482
2007.08.06 No.481
2007.07.01 No.480
2007.06.26 No.479
2007.06.25 No.478
2007.06.24 No.477
2007.06.21 No.476
2007.06.20 No.475
2007.06.17 No.474
2007.06.13 No.473
2007.06.11 No.472
2007.06.10 No.471
2007.06.09 No.470
2007.06.08 No.469
2007.06.05 No.468
2007.06.03 No.467
2007年8月

2007.08.19 No.485
■白米は突然変異の赤米から選抜された

 8月16日のChronicle Onlineによれば、コーネル大学や国際稲研究所(フィリピン)などの研究グループはこのほど、現在の白米の97.9パーセントがジャポニカ種の一つの遺伝子の突然変異(DNAの欠損)に由来するとの研究結果をPLoS GENETICSに発表した。また、残る2.1%のインディカ米の白米からも同様の突然変異を見つけたという。この白米に関する2つの突然変異は野生の赤米からは見つからなかったとしている。

 この研究によれば、約1万年前に赤米に生じた突然変異の結果、この白米種が少ない燃料でより早く調理でき、赤米と比較して精米がより容易であり、病害がより発見しやすいことから、まずヒマラヤ地域で、次いで残りの地域で、古代の農民がこの白米種を積極的に栽培し広げた、と研究者は推測しているという。

 ・Chronicle Online, 2007-8-16  ・PLoS GENETICS、2007-8-10