最終更新日:2007年9月23日
2007年
 08年 09年 10年 11年 12年
 13年 14年> 15年 16年 17年

2007年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2007.09.28 No.492
2007.09.24 No.491
2007.09.23 No.490
2007.08.29 No.489
2007.08.25 No.488
2007.08.24 No.487
2007.08.22 No.486
2007.08.19 No.485
2007.08.16 No.484
2007.08.14 No.483
2007.08.12 No.482
2007.08.06 No.481
2007年9月

2007.09.23 No.490
■クローン動物由来製品に表示義務 カリフォルニア州

 米国カリフォルニア州上院は9月12日、あらゆるクローン動物とその子孫に由来する製品に対して表示義務を課する法案(SB63, "Food labeling: cloned animals")を可決し、9月20日に成立した。

 ・California legislative information, 2007-9
  BILL NUMBER: SB 63(法案全文)

 2006年12月、クローン動物が安全であるとして米国食品医薬品局(FDA)は、表示なしの流通を認める方針を明らかにし、意見募集を終えている。これにより年内に正式承認されると見られている。この法案は、こうしたFDAの方針に対して消費者の知る権利を守るために提出されていた。2007年5月に公表されたConsumers Union(消費者連盟)の調査では、クローン由来製品の表示を89%が望んでいるという。

 この法案の提案者の Carole Migden上院議員は、「カリフォルニア消費者は、自分たちが食べているもの、子供たちに与えているものを知りたい」「買い物するものが何であるかを知る権利がある」と、声明で述べている。

 ・Carole Migden, 2007-9-12

 米国のInternational Food Information Council (IFIC)が2007年7月に米国内で実施した意識調査の結果では、クローン動物に対して好ましくないと考えている日は50%に達している。

  好ましい    22%
  どちらでもない 28%
  好ましくない  50%

 ・International Food Information Council, 2007-9

 Center for Food Safety(食品安全センター)は9月14日、法案可決を歓迎する声明を出した。

 ・Center for Food Safety, 2007-9-14

 2007年1月には米国上院に老いても、クローン食品表示法案が提出されている。

 ・米国上院議案  関連記事
 No.449  No.425