最終更新日:2012年8月12日
2012年
1月
2月
3月
4月
5月

7月
10月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 13年 14年 15年 16年 17年
 18年

2012年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2012年8月の農と食

2012.8.13 No.540
■GMからの脱却へ踏み出すインド

 インド下院農業委員会の設置したパネルは8月9日、2年にわたる調査報告書を公表し、すべての遺伝子組み換え作物の試験栽培の禁止を求め、将来的に試験栽培は厳密な封じ込めによって行われるべきとした。この報告書は、農業委員会満場一致で採択された。



2012.8.12 No.539
■全国各地で試験栽培されるGM作物
全国GM栽培マップ
  [画面クリックで拡大]

 まだ、日本国内での遺伝子組み換え作物は商業栽培されてはいないものの、全国各地で遺伝子組み換え作物の試験栽培が行われている。2012年度、隔離圃場での遺伝子組み換え作物の試験栽培は9施設、延べ28品種。モンサントなど遺伝子組み換え企業4社の隔離ほ場と、国内3大学、2つ農水省系の研究所で実施されている。




■岩手県:全国初の雑穀ジーンバンクを整備
アワ(婿だまし)
  [画面クリックで拡大]
 (写真はイメージです)

 岩手県は8月9日、県内の農家が守り続けてきたヒエ、アワ、キビ、モロコシ(タカキビ)の在来系統の雑穀約230種の種子の保存するとともに、栽培や特性等のデータを「岩手県雑穀遺伝資源データベース」として整備したと発表した。


■広島県:ジーンバンク厳選「広島お宝野菜」

 広島県の(財)広島県農林振興センターの運営する農業ジーンバンクでは、保存している約5千品種の中から、味や食べ方で選んだ品種を「広島お宝野菜」として生産者に種子を提供している。


■有機種苗の現状を知るために セミナー開催
 

 日本の有機農業のアキレス腱の一つが有機のタネの入手の困難さ。サカタのタネやタキイ種苗をはじめとして、種苗メーカーによる供給は拒絶されているのが現状である。一部には、日本有機農業研究会・種苗ネットワークが会員向けの自家採種の種の頒布や、自然農法研究開発センターによる自家採種を前提とした少量パックの頒布も行われている。また、輸入の有機種子もあるが、少量であったり、原産国がイスラエルであったりと、問題は大きい。


2012.8.4 No.538
■【ご案内】9月1日開催 国際水映画祭2012
 

 この9月1日、第2回目となる「国際水映画祭2012」が、東京・表参道の国連大学を会場に開催される。今回は、ボリビアの水道事業民営化を題材とした社会はドラマ『雨さえも』や、半世紀にわたり患者に寄り添い水俣病と闘い、6月にお亡くなりになった、医師の原田正純さんを追った『未来への診断書』など5作品が上映される。



■完成が待たれる二つのドキュメンタリー

 真摯に“対象”と向き合ったドキュメンタリー作品には心を打つものが少なくないが、その制作資金は大変。完成が待たれる2本の作品が支援を求めている。その1本は『いのち耕す人々』の原村政樹監督による『天に栄える村(仮題)』。もう1本は、上関原発計画と闘い続ける祝島の人々を描いた『祝の島』の纐纈あや監督による『ある精肉店のはなし(仮題)』だ。


2012.8.1 No.537
■遺伝子組み換え関連情報 2012年7月
 

2012年7月

  • 放出続くGM蚊 開発ラッシュ?GM昆虫
  • フランスが疑問視のGM作物を承認
  • 再評価で死亡例のGM大豆も承認
  • GMジャガイモの評価を開始
  • EU:GM動物解禁へ一歩
  • 米国:3大GM作物 シェアは9割に達する
など