最終更新日:2013年3月16日
2013年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 14年 15年 16年 17年

2013年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2017.09.23 No.847
2017.09.22 No.846
2017.08.15 No.844
2013年3月の記事
2013.03.27 No.551
2013.03.22 No.550
2013年3月

2013.03.16 No.547
■ETC Group:[新レポート]進む種子の寡占体制
  [画面クリックで拡大]

 ETCグループは3月7日、種子の寡占化に関する新しい分析レポートを公表した。モンサントなど6大種子企業は、商業的種子の60%、農薬の76%、研究開発費の76%を占めると分析している。

 3大種子企業(モンサント、デュポン、シンジェンタ)のシェアは、1996年の22%から、2011年の53.4%(売上高約226億ドル)へと約2.5倍にアップ。

 3大種子企業(モンサント、デュポン、シンジェンタ)は、1982年から2007年の間の栽培作物に関する米国特許のおおよそ4分3を占め、2007年から201年に6大種子企業は、育種とGM技術に、毎年22億ドルを支出した。

 3大農薬企業(シンジェンタ、バイエル、BASF)の農薬シェアは、1996年の33%から、2011年の52.5%へと約1.6倍にアップ。76%を占める6大企業の売上高は約335億ドルに達している。

 ・ETC, 2013-03-07