最終更新日:2013年3月22日
2013年3月

2013.03.22 No.550
■無用なGM無花粉スギ開発
   すでに従来交配で実用化

 森林総合研究所林木育種センターは21日、遺伝子組み換えにより「スギ花粉形成抑制技術」を開発と発表した。「花粉を作らない」とは断言しないものの、「将来的には花粉症対策の選択肢の一つとなり得る」と期待感を示している。まだ実験室段階であり、実際の屋外での栽培は行われていない。林野庁委託研究。森林総合研究所は12年9月には、花粉を作らないスギの遺伝子を特定したと発表している。

 ・森林総合研究所林木育種センター, 2013-3-21

 森林総合研究所の遺伝子組み換えスギの“開発成功”に毎日新聞(21日電子版)は、「花粉のないスギを作ることに成功」と、あたかも初の無花粉スギかのように報じている。しかし。すでに今回のGMスギの開発にあたった林木育種センター自身が、花粉を作らない雄性不稔のスギ個体を確認し、屋外栽培でも確認し品種登録を行ったことを、05年に発表している。

 ・林木育種センター, 2005-1-25

 富山県森林研究所では、従来交配による無花粉スギを実用化している。品種登録もされ、苗木供給も始まっている。こうした中での、特段の必要のないGM無花粉スギということだ。

 ・富山県森林研究所

 国内でのGM樹木の屋外栽培は、林木育種センターによるセルロース含有量の増加を意図したGMポプラ(ギンドロ)が、茨城県日立市の隔離圃場で、07年から11年にかけて行われている。また、筑波大学でもGM耐冷性ユーカリの試験栽培を行っている。