最終更新日:2013年6月28日
2013年6月

2013.06.28 No.564
■EU:シンジェンタのGMトウモロコシは評価不能

 欧州食品安全機関(EFSA)は6月20日、シンジェンタの遺伝子組み換えトウモロコシ3272について、必要なデータの提出がなかったため、食品・飼料の安全性評価ができなかったと発表した。

 この遺伝子組み換えトウモロコシ3272は、バイオエタノール用として開発されたものであるが、飼料用や食用としての承認を求めていた。EFSAは、シンジェンタに求めた追加データが評価基準に適合しておらず、評価できなかったとしている。

 ・EFSA, 2013-6-20

 しかし日本では、このシンジェンタの遺伝子組み換えトウモロコシ3272は、2010年6月30日付けで食品として承認されている。この承認に先立ち食品安全委員会は2010年4月、このGMトウモロコシが「ヒトの健康を損なう恐れはないものと判断する」との評価書を決定している。

 EFSAが評価できないとした遺伝子組み換えトウモロコシ3272のタンパク質AMY797Eのアレルギー性について、評価書は「アレルギー誘発性の報告はない」としている。

 ・食品安全委員会, 2010-4  ・厚労省, 2013-5-2

 EFSAはこの4月、デュポンが申請したGMトウモロコ・DP−098140系統について、産生タンパク質のアレルギー性や環境への悪影響はないものと確認したとしながら、今回と同様の「追加データの不備」を理由に審査を打ち切っている。

 ・EFSA, 2013-4-16