最終更新日:2013年7月20日
2013年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 14年 15年 16年 17年

2013年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2013年7月の記事
2013.07.30 No.573
2013.07.30 No.572
2013.07.29 No.571
2013.07.20 No.569
2013.07.18 No.568
2013.07.12 No.567
2013.07.10 No.566
2013.07.05 No.565
2013年6月の記事
2013.06.28 No.564
2013.06.26 No.563
2013.06.14 No.562
2013.06.13 No.561
2013.06.11 No.560
2013年7月

2013.07.20 No.569
■モンサントは欧州から“撤退” 栽培申請を取り下げ
イメージ:トウモロコシ畑

 ロイターは7月17日、モンサントが欧州での栽培承認手続き中の遺伝子組み換え作物について、順次取り下げると報じた。ロイターの電話インタビューにモンサント欧州の責任者が回答したもの。

 ・Reuters, 2013-7-17

 このロイターの報を受けてモンサントは7月18日、同社のブログにおいて、欧州からの“撤退”戦略について明らかにした。欧州では従来育種の種に注力する一方、EU域内でのGM作物の栽培をあきらめ、他の地域からEUへ輸入するというもので、EUの「タイムリーな輸入承認」が重要と指摘した。

 申請したものの承認作業の滞っている5品種のトウモロコシなどのGM作物については、順次申請を取り下げるとともに、新規の申請を行わないことを明言した。すでにEU当局にもこの方針を通告したとしている。しかし、唯一栽培が承認され、スペインなどで栽培されているGMトウモロコシMON810は販売を継続する。

 ・Monsanto

 GMトウモロコシの輸入は継続されているため、GM反対の運動を続けてきたグリーンピースなどは、モンサントの“撤退”を歓迎しつつも警戒を緩めていない。EU各国は年間3千万トンの飼料用トウモロコシを輸入している。

 ・Greenpeace, 2013-7-18

 欧州での手詰まりによるモンサントの撤退は、昨年のBASFの撤退に続くもの。GM各社は中南米やアジアへの攻勢を強めることになるだろう。