最終更新日:2013年10月20日
2013年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 14年 15年 16年 17年

2013年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近の記事
2017.09.23 No.847
2017.09.22 No.846
2017.08.15 No.844
2013年10月の記事
2013.10.20 No.588
2013.10.17 No.587
2013.10.11 No.586
2013.10.09 No.585
2013.10.08 No.584
2013.10.05 No.583
2013年9月の記事
2013.09.29 No.582
2013.09.27 No.580
2013.09.24 No.579
2013年10月

2013.10.20 No.588
[種苗]
■夢の作物? ジャガイモの茎にミニトマト

 今から35年前、ドイツのマックス・プランク研究所は細胞融合技術を使って、トマトとジャガイモからなる「ポマト」を作出した。目的は、トマトに耐寒性を持たせるためだったが、できたイモも、トマトの実も小さくて、実用にはならなかった。その後、この「ポマト」の話は聞かなくなった。

 ところが、英国の創業150年のタネ屋 Thompson & Morgan は、茎には甘いミニトマトが500個、根にはジャガイモが2Kgできるという“TomTato”の販売を始めた。この“TomTato”は苗木だけが販売されていて、1株を15ポンド(約2400円)で販売している。文字通りの“ハイブリッド”で、“遺伝子組み換えでない”と明記している。ただ、接ぎ木苗とのことで、家庭菜園向けのようだ。

 この“TomTato”、ミニトマトは甘いとのことだが、ジャガイモについては“うまい”とは書いてない。ということは“うまくない”、と思うがどうだろう。収穫したミニトマトのタネをまいてもやはりトマトだけだろうし、ジャガイモを種イモにしてもトマトはできないだろう。昔からよく言われてきた“二兎を追うもの 一兎も得ず”とは名言だが、この“TomTato”はどんなものだろうか。Youtube に“TomTato”の短い映像がアップされている。

 ・Thompson & Morgan
  TomTato
 ・Youtube