最終更新日:2014年1月11日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2014年1月の記事
2014.01.31 No.605
2014.01.29 No.604
2014.01.27 No.602,603
2014.01.26 No.601
2014.01.22 No.600
2014.01.11 No.599
2014.01.09 No.598
2014.01.04 No.597
2013年12月の記事
2013.12.28 No.596
2013.12.28 No.595
2013.12.28 No.594
2013.12.28 No.593
2014年1月

2014.01.11 No.599
■食品安全委員会:新年早々GMに“お墨付き”を連発

 1月7日に開かれた食品安全委員会は、モンサントの除草剤耐性・害虫抵抗性の遺伝子組み換えスイートコーン2品種について「安全」との評価を決め意見募集を始めた。やはりモンサントの複合除草剤耐性GMダイズも問題なしとの評価を決定した。また、昨年より持ち越した遺伝子組み換え微生物を利用した食品・添加物に関し、一定の条件付きでメーカーの自主判断と管理を可能とする厚労省の規制緩和を容認した。こちらは意見募集はない。

 ●生食用GMスイートコーン「問題なし」

 食品安全委員会は、「ヒトの健康を損なうおそれはない」とする健康影響評価を決定したモンサントのGMスイートコーン2品種について、8日から意見募集を始めた。

 このうちの一つMON88017系統(スイートコーン)は、除草剤グリホサート耐性・害虫抵抗性の遺伝子組み換えトウモロコシであり、、もう一つのMON89034系統(スイートコーン)は、害虫抵抗性の遺伝子組み換えトウモロコシである。どちらも同系統のGMデントコーンと従来品種のスイート種を掛け合わせた品種である。どちらも「ヒトの健康を損なうおそれはないと判断した」としている。

 今回の2品種は生食用として開発され、米国では2011年に承認され、米国やカナダで一般に流通が明らかになっている。日本でも2011年に承認されたハワイ産GMパパイヤのように、生鮮品として流通する可能性がある。

 ※別記事「生食用GMスイートコーン市販の可能性」参照

 ●GM微生物の大幅な規制緩和を認める

 7日の食品安全委員会はまた、昨年より持ち越した遺伝子組み換え微生物を利用した食品・添加物に関し、一定の条件付きでメーカーの自主判断と管理を可能とする厚労省の規制緩和を容認した。この件での意見募集は行われない。

 ・食品安全委員会, 2014-1

 ●掛け合わせGMダイズも実質審査なし

 7日の食品安全委員会はまた、モンサントの除草剤ジカンバ耐性遺伝子組み換えダイズと、ラウンドアップ耐性GMダイズの掛け合わせ品種について、親品種がどちらも承認済みであることから、改めて安全性の確認は不要とした。

 こうした親品種が承認されている遺伝子組み換え作物については、今後こうした形式的な食品安全委員会での“審査”も不要となる規制緩和が進められている。食品安全委員会は昨年暮、この規制緩和を認める審議結果を厚労省に送った。昨年の年初来、GM関連の規制緩和が一挙に進んでいる。

 関連記事 No.599