最終更新日:2014年2月10日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728
最近の記事
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年1月の記事
2014.01.31 No.605
2014.01.29 No.604
2014.01.27 No.602,603
2014.01.26 No.601
2014.01.22 No.600
2014.01.11 No.599
2014.01.09 No.598
2014.01.04 No.597
2013年12月の記事
2013.12.28 No.596
2013.12.28 No.595
2013.12.28 No.594
2013.12.28 No.593
2014年2月

2014.02.10 No.607
■月齢制限なし メキシコへ日本から牛肉輸出解禁

 農水省は2月6日、メキシコへの日本産牛肉輸出が可能となったと発表した。条件は、日本産の牛であることだが、月齢制限なしで認定施設(現在、岩手と群馬の2か所)からのみとなっている。日本は昨年、メキシコから約2万トンの牛肉を輸入している。

 日本の輸入牛肉約50万トンのほとんどは米国とオーストラリアからである。その米国は昨年11月、外国産牛肉の輸入制限を全面的に撤廃する方針を公表し、2014年3月より「無視できるBSEリスク」(清浄国)と「管理されたBSEリスク」の国からの牛肉の輸入を認めることになっている。日本からの輸出とはいえ、今回のメキシコへの輸出条件から月齢規制が外れたことは、TPP交渉も絡むだろうが米国からの月例無制限の輸入へとつながる可能性があるのではなかろうか。

 ・農水省, 2014-2-6
 【関連記事】 No.597