最終更新日:2014年2月10日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728
最近の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年1月の記事
2014.01.31 No.605
2014.01.29 No.604
2014.01.27 No.602,603
2014.01.26 No.601
2014.01.22 No.600
2014.01.11 No.599
2014.01.09 No.598
2014.01.04 No.597
2013年12月の記事
2013.12.28 No.596
2013.12.28 No.595
2013.12.28 No.594
2013.12.28 No.593
2014年2月

2014.02.10 No.607
■米国:2州目のGM表示義務化 メイン州も広域条項を付ける

 米国メイン州のルパージュ知事は1月9日、GM表示の義務化を規定した同州法に署名した。これにより米国の州レベルでのGM表示義務化は2州となる。

 ・Center for Food Safety, 2014-1-9

 このメイン州法は、昨年6月に成立したコネチカット州と同様に、同州周辺5州のGM表示義務化が発効の条件となっているため、即時の表示義務化とはなっていない。コネチカット州法では、効力発効にはニューヨーク州など周辺8州のうち4州での制定と、それらの州の人口が合計2千万人以上であることが条件とされた。

 いくつかの世論調査では、米国市民の約9割が表示の義務化に賛成しているという。そうした中、米国では2013年には26州で表示法案が提案されている。アラスカ州は2005年、魚に関してのみGM表示の義務化を州法で制定している。