最終更新日:2014年2月12日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728
最近の記事
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2017.08.10 No.842
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年1月の記事
2014.01.31 No.605
2014.01.29 No.604
2014.01.27 No.602,603
2014.01.26 No.601
2014.01.22 No.600
2014.01.11 No.599
2014.01.09 No.598
2014.01.04 No.597
2013年12月の記事
2013.12.28 No.596
2013.12.28 No.595
2013.12.28 No.594
2013.12.28 No.593
2014年2月

2014.02.12 No.609
■EU議会:ハチミツのGM花粉 0.9%まで表示なしを承認
イメージ:ハチミツ

 EU議会は1月15日、GM汚染された花粉が0.9%未満のハチミツにはGM表示が不要との見解を承認した。しかし、ハチミツには花粉は0.5%以上含まれることがないとされ、実質的にGM表示を不要とすることになる。GM汚染を懸念する市民団体などは、GM花粉が含まれていればGM表示が必要であることを、明確にするように求めていた。

 EU議会の決定は、EUのGM共存政策のもと、2007年に0.9%未満のGM成分の意図せざる混入容認レベルに準ずる。日本の5%に比べれば低い基準値であるが、市民からの遺伝子組み換え食品に対する批判は根強いものがある。

 ・European Parliament, 2014-1-15