トップに戻る
最終更新日:2014年3月●日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年3月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2014年3月の記事
2014.03.28 No.622
2014.03.27 No.621
2014.03.18 No.618,619
2014.03.16 No.617
2014.03.15 No.616
2014.03.14 No.615
2014.03.08 No.614
2014.03.07 No.613
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年3月

2014.03.08 No.614
[農薬]
■ネオニコ系農薬に関する助成成果報告会

 アクト・ビヨンド・トラストは3月15日、2013年度の公募助成した「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」の成果報告会を一般公開して開催する。2013年度にアクト・ビヨンド・トラストから助成を受けた11団体が、その活動成果を報告する。

 日 時:3月15日(土)14時から
 場 所:日本赤十字看護大学 広尾校舎207教室
     (入場無料)
     アクセス

 成果報告のテーマは以下の通り。

  • ネオニコチノイド系農薬フリー地域づくり
  • ネオニコフリー・生き物認証システムの推進
  • 空中散布されたネオニコチノイドの飛散調査
  • ミツバチの側からみた蜂群大量死の実態をひろめるプロジェク
  • 河北潟地域におけるラジコンヘリ散布を行わないエリアの拡大とカメムシ米のブランド化
  • ネオニコフリーを広げるための棚田を切り口とした学習会・食事会、フォーラム開催による人材育成、普及啓発事業
  • 斑点米カメムシ類による経済的損失回避策の転換に関する秋田県への要請
  • 有害農薬の規制を目指す持続可能な農業キャンペーン
  • 「生きもの認証システム基礎基準」における生きもの観察指導員(Bioアナリスト)養成、「ネオニコフリー農業による地域づくり」のパイロットプロジェクト構築、及びそれらの実績の公表
  • ミツバチからのメッセージ
  • フィプロニルを成分とする苗箱施用殺虫剤のリスクを緩和する栽培方法の探索

 ・アクト・ビヨンド・トラスト, 2014-3-5