トップに戻る
最終更新日:2014年3月15日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年3月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.11.19 No.865
2017.11.08 No.864
2017.10.27 No.863
2014年3月の記事
2014.03.28 No.622
2014.03.27 No.621
2014.03.18 No.618,619
2014.03.16 No.617
2014.03.15 No.616
2014.03.14 No.615
2014.03.08 No.614
2014.03.07 No.613
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年3月

2014.03.15 No.616
■堆肥サンプルの木くずから高い放射線量
 山梨県河口湖町

 15日の山梨日日新聞によれば、山梨県河口湖町で堆肥サンプルとして受け入れた木くずが放射性セシウムに汚染されており、木くずのすぐ近くの空間放射線量は国の基準の約2〜3倍もあると発表したとしている。15日現在、山梨県のサイトには関連情報の掲載はない。

 汚染された木くずは約36立米で、土地所有者は、神奈川県の業者から堆肥のサンプルとして受け入れを持ちかけられ受諾したという。山梨県は排出者の特定を進める方針としている。

 昨年9月に滋賀県高島市で類似した例が見つかっている。鴨川の琵琶湖河口近くの河川敷に敷き詰められた木材チップが、福島県より搬入された汚染チップであり、滋賀県の発表ではキロ当たり3000ベクレルの放射性セシウムが検出されている。

 堆肥や堆肥原料の購入や受け入れには、汚染されているか、どの程度の汚染かをあらかじめチェックする必要があるだろう。ちなみに、神奈川県下のある産廃施設の剪定チップの放射性セシウムは、キロ当たり10〜40ベクレル程度であり、空間線量率では検知できないようなレベルである。河口湖の汚染木くずの線量率は、報道では具体的には書かれていない。

 ・山梨日日新聞, 2014-3-15
 ・滋賀県, 2013-9-17
カテゴリー
よく読まれている記事