トップに戻る
最終更新日:2014年3月18日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年3月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2014年3月の記事
2014.03.28 No.622
2014.03.27 No.621
2014.03.18 No.618,619
2014.03.16 No.617
2014.03.15 No.616
2014.03.14 No.615
2014.03.08 No.614
2014.03.07 No.613
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年3月

2014.03.18 No.619
■食品安全委員会:
  新たにGM作物3品種の評価を始める

 食品安全委員会は3月17日、除草剤耐性遺伝子組み換えダイズ2品種とGMワタの掛け合わせ品種について厚労省から説明を受け、健康影響評価に入った。審査中のGM作物は13品種に上る。

 ・食品安全委員会, 2014-3-17

 評価が開始されたGM作物の一つは、ダウ・ケミカルの3種類の除草剤(2,4−D、ラウンドアップ、グホシネート)に耐性の遺伝子組み換えダイズ・DAS44406系統で、昨年まで隔離圃場での試験栽培が諸運されていた。2013年に豪州・NZとカナダで承認済みである。昨年、米国食品医薬品局(FDA)の確認は終了しているものの、米国農務省は2,4−D耐性品種の栽培に関して審査中であり、決定を先延ばしにしている。

 もう一つは、バイエルが申請した除草剤グリホサートとイソキサフルトールに耐性のある遺伝子組み換えダイズ。2012年に米国、豪州・NZとカナダで承認されている。

 残りの害虫抵抗性・除草剤耐性遺伝子組み換えワタは、3つのGMワタを掛け合わせたものであり、いずれの親品種も安全性審査が終わっており、実質的な審査なしに「安全」とされる模様だ。


カテゴリー
よく読まれている記事