トップに戻る
最終更新日:2014年3月27日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年3月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2014年3月の記事
2014.03.28 No.622
2014.03.27 No.621
2014.03.18 No.618,619
2014.03.16 No.617
2014.03.15 No.616
2014.03.14 No.615
2014.03.08 No.614
2014.03.07 No.613
2014年2月の記事
2014.02.25 No.612
2014.02.17 No.611
2014.02.14 No.610
2014.02.12 No.609
2014.02.11 No.608
2014.02.10 No.607
2014.02.02 No.606
2014年3月

2014.03.27 No.621
[農薬]
■ブラジル ラウンドアップなどの農薬使用禁止へ

 ブラジルの連邦検察官はこのほど、司法省に対して、健康影響が疑われるグリホサート(ラウンドアップ)など8種類の農薬について、最終的な決定がなされるまで暫定的に使用禁止とするように求めた。ブラジルのagrolink.comが、3月25日に報じた。使用禁止を求められた農薬には、グリホサートの他に2,4−D、パラチオン、パラコート、アバメクチンなどが含まれる。

 検察官はまた、除草剤2,4−Dの登録に異議を申し立てた民事訴訟において、全国バイオセイフティ技術委員会(CTNBio)が、国民健康監査局(ANVISA)による最終的な決定まで、これらの除草剤耐性のGM作物の商業栽培の禁止を要求しているとしている。

 ブラジルでは3月13日、控訴裁判所がバイエルの除草剤グリホサート耐性遺伝子組み換えトウモロコシの栽培認可取消しの決定を下しており、GM産業には相次ぐ打撃だとしている。

 ・Sustinable Puls, 2014-3-26