トップに戻る
最終更新日:2014年9月22日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年9月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
最近の記事
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2017.08.10 No.842
2014年9月の記事
2014.09.30 No.631
2014.09.25 No.630
2014.09.24 No.629
2014.09.22 No.628
2014.09.19 No.627
2014年8月の記事
2014.08.21 No.626
2014年6月の記事
2014.06.27 No.625
2014.06.24 No.624
2014.06.12 No.623
2014年9月

2014.09.22 No.628
■東急ストアがNON−GM飼料の牛乳と卵を販売
東急ストアのNON-GM低温殺菌牛乳
  [画像クリックで拡大]

 首都圏と静岡県で店舗展開しているスーパーの東急ストアが、NON−GM飼料の低温殺菌牛乳と卵を、自社ブランド「Tokyu Store +」で販売している。

 日本は年間約1400万トンのトウモロコシを、米国、ブラジル、アルゼンチンなどから輸入している。その4分の3が飼料用で、残りがコーンスターチなど加工用である。輸入トウモロコシの約7割、1千万トンが遺伝子組み換えと推定されている(農業生物資源研究所)。飼料用トウモロコシの多くがGMトウモロコシであり、NON−GM飼料の肉、卵、乳製品は、一部の生協が意識的に取り組んでいるものの、一般には購入が難しいのが現状だ。東急ストアのお客様相談室によれば、NON−GM飼料の商品は、今のところこの2つだけで、新たなNON−GM飼料商品の計画はないとしている。

 ・農水省・海外食料需給レポート, 2014-6
 ・農業生物資源研究所
東急ストアのNON-GM卵
  [画像クリックで拡大]

 東急ストアの販売するNON−GM飼料の卵は、養鶏専業農協である神奈川中央養鶏農協(神奈川県愛川町、1957年設立)が生産したもので、生産者を彦坂さんに限定している。店頭では、1パック10個が220円前後(税別)で販売されている。神奈川中央養鶏によれば、同農協のNON−GM飼料の卵の多くがパル・システムなどの生協に出荷され、スーパー向けは東急ストアのみ。NON−GMトウモロコシの価格がネックになっているという。

東急ストアのNON-GM低温殺菌牛乳
  [画像クリックで拡大]

 もう一つのNON−GM飼料商品である低温殺菌牛乳は、長野県安曇野産の原乳を使ったもので、タカハシ乳業(群馬県前橋市)が製造し、店頭では1L230円(税別)で販売されている。タカハシ乳業は1950年以来、“低温殺菌ひと筋”に取り組み、現在は、非遺伝子組み換え飼料の徹底」生産体制を構築しているという。

成城石井のNON-GM低温殺菌牛乳
  [画像クリックで拡大]

 タカハシ乳業のNON−GM飼料の低温殺菌牛乳は、スーパーの成城石井でも、同社のプライベート・ブランド「成城石井牛乳」として、1L約250円で販売されている。

 NON−GM商品の購入選択肢が少ない中での、せっかくのこれらのNON−GM商品。消費者がそっぽを向いてしまっては、すぐに店の棚から消えることになる。多少は高くても購入するということは、「遺伝子組み換え食品はいらない!」という主張を、“買う”という行動で示すということでもあり、NON−GMを選択した農家を支えることでもある。これらのNON−GM飼料の卵や牛乳がロングセラー商品となることを期待したい。

 近頃、NON−GMの鶏糞や油粕(ナタネ粕)を探している農家も多くなっているという。しかし、残念なことに、神奈川中央養鶏農協のNON−GM飼料の鶏糞は、処理費用がかさむため、GM飼料の鶏糞と混ぜられ、特に分別してはいないとのことだ。


【関連記事】